奈良県 住みます記者より

干し柿で風邪引かない!奈良の柿事情

18/01/10

IMG_0036.JPG

写真が暗くてすいません。

奈良といえば「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」、正岡子規の俳句でも詠われいるように、

が有名ですね。

「甘柿」や、渋柿を干した「干し柿」、「柿の葉寿司」に「柿渋」なんてのも。

柿が生活の随所に見られます。

春から夏にかけて青い実がなり、秋にはオレンジに色づき、冬には干し柿となって食卓に並びます。

そんな干し柿が奈良では至る所でみられます。

トップ画像は奈良市の干し柿(串柿)です。渋柿の皮をむき、焼酎をすこし振りかけて、日干しするんですね。竹の串ももちろんお手製です。

奈良で柿といえば、五條市でしょう!日本一の柿のまちとして有名ですね。

五條市では日本一の生産量を誇る柿を全国にPRしています。

五條市のウエブサイトから柿の知識が学べますよのリンク

風の流行する季節ですから、健康管理が大事になってきます。

エリア編集長の風邪予防は干し柿だったりします。

夏場は梅干しです。干したもんてパワーありますよね。

あっ十手リンジンが出てきませんでした。

奈良の描写ということで。

全国の事業所のご案内