高知県 住みます記者より

「ご当地のお城紹介2017」@

17/01/10

高知城は、高知県高知市にあった日本の城。別名鷹城(たかじょう)。

江戸時代、土佐藩の藩庁が置かれた。江戸時代に建造された天守や本丸御殿、追手門等が現存し、

城跡は国の史跡に指定されている。日本100名城に選定されている。

戦国時代以前には大高坂山城または大高坂城と呼ばれる城が築かれていた。現在見られる城は、江戸時代初期に、

土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代忠義の時代に完成し、土佐藩庁が置かれた。3層6階の天守は、

一豊の前任地であった掛川城の天守を模したといわれている。一豊により河中山城(こうちやまじょう)と名付けられたが、

高智山城と名を変えたのち、現在の城名となった。

高知城は本丸の建造物が完全に残る唯一の城として知られている。明治6年(1873年)に発布された廃城令や、

太平洋戦争による戦災を免れ、天守・御殿・追手門など15棟の建造物が現存し、国の重要文化財に指定されている。

城全域は高知公園として無料で開放されており、桜の季節にはたくさんの花見客も訪れ大変なにぎわいを見せている。

城内には山内一豊と妻・千代(見性院)、板垣退助の銅像が立っており城下町をも守っております。

1716.jpg

kouchijyo006.jpg

img_0.jpg

全国の事業所のご案内